病院で受けられる更年期障害の治療|もう我慢はしなくて大丈夫

カウンセリング

血糖値が気になったら

薬

血糖値が高い

会社で受けた健康診断で引っかかってしまったという経験がある人は多いでしょう。その中でも血糖値の値が高いことを指摘され、受診をする人は少なくありません。血糖値が高いということは、糖尿病の可能性があるということですので、指摘された場合はしっかり受診をし、検査をしてもらいましょう。糖尿病の検査は、血液検査でHbA1cという1か月から2か月程度の平均血糖値を検査し、またブドウ糖負荷検査を行い、血糖値の上昇を調べます。これらの検査を行い、糖尿病と診断されたら治療を開始する必要があります。治療方法には食事療法・運動療法・薬物療法があり、進行状況によって変わってくるのですが、進行している場合にはすぐに薬物療法を開始する必要があります。

食事療法と運動療法

糖尿病の治療で大切なのは食事療法と運動療法です。生活習慣が切っ掛けで発症している場合は特にこの2つが重要であり、糖質と呼ばれる白米や麺類、パンなどの主食を控えるようにすることや、運動を積極的に取り入れていくことが治療の上で大切です。また、この2つを実行しても改善されない場合には飲み薬(経口血糖値降下薬)を用いて治療をしていきます。最近ではインスリン注射を早期から使用することで改善を早めてくれるということもあり、取り入れているクリニックも増えているようです。糖尿病の飲み薬には、性質や効果のある部位によって6つのタイプに分けられています。インクレチン・スルフォニル尿素・グリニド・α-グルコシダーゼ阻害・チアゾリジンインクレチン関連がありますが、それぞれ小腸や膵臓、肝臓や筋肉に効果を発揮してくれます。医師の指示に従い、しっかり服薬することで改善していくことが期待できるでしょう。